1月に見かけた生き物

綺麗な日の出を見ながらの出漁は気持ちの良いものです。
2014.2.1

今年も1/5より予定通りしらうお漁が解禁になりました。

2014.2.1

漁をする場所や、網を上げるタイミングなどで二枚の写真のように肉眼でもこのような差がはっきりと見られます。同じ生き物なのに不思議です。

網の中にはしらうお以外にも、カニの仲間、イカの仲間、エビの仲間、ヒトデの仲間、多種にわたる魚の仲間、不思議な生き物など色々入っています。その一部を撮影してみました。

なまこみたいな不思議な生き物
2014.2.1

口の周りに数本のひげのようなものがあり、そこから毒を出すらしい。
2014.2.1

イカの仲間ですが種類は数種類確認しています。小さくても一人前に墨を吐きます。
2014.2.1

この子は大きくなったら何になるんでしょうね?
2014.2.1

1月に見られたほんの一部の生き物の写真です。

2月も楽しみです。

| しじみ | 漁場で見かけた生き物 | 15:42 | comments(2) | trackbacks(0) | -
秋を感じる


木曽川河口にもススキが。。。

2013.09.18

台風18号で降った雨の影響で水はコーヒー牛乳のような色。一日遅れて昨日から濁り始めて今朝はもっとひどくなたなと感じてたけど、夕方はさらに濃く濁ってた。全長229kmもある河川だから、ちょっと遅れて出水なんだろう。木曽三川や伊勢湾の生き物たちには良い栄養になったはず!勿論人間の必要な水瓶の水不足は解消したんだろうな?
写真は木曽川河口の左岸をウオーキング中に撮影した1コマです。
| しじみ | 漁場で見かけた生き物 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
9月に入って見られる生き物
 なかなか陸上から水中の様子は見ることが出来ないです。漁の最中に網の中へ入ってきた小魚たちを見ながら水中の様子を頭の中で想像したりして楽しめています。

9月に入ると画像のような魚たちが入ってきます。ほとんど一年を通して見られるものもいますが、大きくなったり小さかったりと季節により色々です。今年はウナギに出会う機会がほとんどありませんでした。チワラスボの数もずいぶん少なかったように感じます。8月ごろ良く見られたトラフグは最近見なくなりました。

2013.9.12
クロダイ、マゴチ、セイゴ、ボラ、マハゼ、ヤマトオサガニ、ヨシエビ、カレイ、?カニ、ソトオリガイ、アミメキンセンガニ、ヒイラギ、ガザミ、ハマグリ、アサリ、コノシロ、ミズクラゲ、オキシジミ、シシビ、シオフキ、他、などが見られています。
| しじみ | 漁場で見かけた生き物 | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
最近楽しませてくれる生き物
 しじみを網から出す時に網についてるファスナーを開けるのですが、その時にしじみは固い石のような音を鳴り響かせながら甲板の上に出てきます。その時一緒にゴルフボールのように丸々としたトラフグがころころと甲板の上を転がる姿がなんとも楽しいです。

2013.7.26

二年後には渥美半島外海辺りまで回遊したところで漁獲されるらしい。出発地点は木曽川河口になるのかな?何処で生まれたんだろう?今月はほぼ毎回の漁で甲板の上をころころと転がっています。



| しじみ | 漁場で見かけた生き物 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
この季節に見られる生き物
 河口付近では季節により生き物の種類が変ったり、大きくなったり、小さくなったりと変化があります。陸上からは分からない水中の様子、漁の最中に見かけた生き物の一部を撮影してみました。
ヒイラギ(ゼンメ)、ガザミ(ワタリ)、カレイ(イシガレイ?)、エビの仲間(ヨシエビ?)、オサガニ、ハゼ、マメコブシガニ、ソトオリガイなどです。

2013.06.07

写真の他にも
ギマ、シタビラメ、ヨウジウオ、アカエイ、オキシジミ、ハマグリ、アサリ、マゴチ、セイゴ、シオフキ、モクズガニ、ボラ、他などが見られて、とても賑やかな河口付近の水中の様子が感じられます。
| しじみ | 漁場で見かけた生き物 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
春を感じる
2013.2.28

 春を感じる庭の花も今年は何だかイキイキしているようにも見えます。綺麗に咲き始めました。この花が咲く頃には漁場の見えない水中では下の画像のような新しい命が次々と見られます。ほんの一部の画像です。詳しく名前の分からないものも多いです。

2013.2.28
(左画像)集合写真と(右画像)ハゼ科の仲間でシロウオ。市場で水と酸素がビニール袋に入れられたシロウロは見たことありますが、湾奥の河口(漁場)で見たのは初めてです。

2013.2.28
(左画像)アユの稚魚のようです。(右画像)出世魚でボラになりますが、この辺りの港ではこのサイズを「ハク」といっています。

2013.2.28
(左画像)アユカケの稚魚だと思いますが結構な固体数を確認できました。(右画像)良く分からないのですがムラソイではないかとの情報も頂けました。

2013.2.28
(左画像)この感じでは想像も付きませんでしたが、お尋ねしたところメバルかカサゴではないかとの情報を頂けました。(右画像)カレイですが種類が不明です。もう少し小さいサイズでは左画像のように透明感があります。漁場では比較的多く見られる魚の種類です。

画像にはありませんが、他種類の魚、クラゲ、エビ類、カニ類も見られます。こう見ると結構賑やかで豊かな水中は春を感じさせてくれます。

2013.3.5.記
| しじみ | 漁場で見かけた生き物 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
カニさん大切!
 今朝はヤマトオサガニが良く見られた。

2012.08.06

漁場にはカニさん達は必要!色々な生物が共存し、色々な生き物の命を!
カニさん達の役割の一つとして川底の耕運効果!穴を掘り、土を掘り返し新しい栄養分を土の中に生息している貝類などに供給しやすい環境つくりの役割もしているのです。
| しじみ | 漁場で見かけた生き物 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | -
最近見かける生き物
 船着け場では、アシハラガニが見ることが出来ます。今日は羽の付いた生き物を餌にしているところを見つけてシャッターを押してみました。【7/23撮影】
2012.07.23

漁場にでてみると、季節柄注目を浴びる天然ウナギも網に入ったり釣れたりと、土用の丑にタイミングを合わせたように今年は結構見られました。まだまだこれから彼岸花が咲く頃がピークとなると思います。場所によっては良い形が生息してます。【7/16撮影】
2012.07.23

一年間で数匹程度見られるチワラスボ、主に泥の中に住んでいます。【7/13撮影】
2012.07.23

この他に、カレイ、セイゴ、マゴチ、マハゼ、アカエイ、クロダイ、サビシラトリ、ハマグリ、アサリ、ミズクラゲ、シシビ、ウグイ、アシハラガ二、トビハゼ、オキシジミ、アオサギ、ヨシエビ、アナジャコ、他、など見られます。
| しじみ | 漁場で見かけた生き物 | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
干潟観察で
 トビハゼが生息している干潟観察へ出かける。

2012.5.26

チゴガニなど他3種類のカニさんなども確認できた。ヤマトシジミやオキシジミなども。今年の葦は何だかイキイキしているようにも見えて元気そう。

トビハゼも小さいながらも色々な環境の中、元気良く沢山確認できています。

2012.5.26

手足があるように見えます。凄く警戒心の強い魚で干潟をジャンプしながら逃げて行きます。たまにはドンくさいのもいて素手で捕獲できたりもしますが非常に難しい。

2012.5.26

動きを見ていると楽しい魚でもあります。

2009年07月26日の観察の様子↓↓↓

| しじみ | 漁場で見かけた生き物 | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
最近ポパイと出会う
 今朝も二匹のポパイが・・・。ノコギリガザミの種類で爪が大きいものを港ではポパイと言っています。それが最近の形は結構大きいサイズで、非常に凶暴。指でも持っていかれたら大変です。私の手の平が小さく見えるくらいの大きさの爪。ゆがいてからしか爪の観察はできませんでした(汗。
2011.10.03
足を入れるとおよそ30cmほどありそうです。爪は左右大きさがずいぶんと違うようです。大きい方の爪は大人の手の平など簡単にはみ出てしまいます。最近うろうろしているようです。
| しじみ | 漁場で見かけた生き物 | 19:09 | comments(2) | - | -