網走へ
 第6回全国シジミ・シンポジウムin網走へ参加しました。

2013.10.27.網走
組合は関係なく私個人的に参加です。

心配していたダブル台風(27・28号)も若干沖のほうへそれて、飛行機には影響なく定刻で離陸。北海道女満別空港へ降りる。そしてバスに揺られて会場へ。
2013.10.27.網走

冷たい雨の降る中、予定より早く「オフォーツク・文化交流センター」へ到着。
館内で昼食をとる。何食べたか忘れた(汗。

そして、シンポジウム1日目(25日)が午後より開催。
およそ全国から220名の参加者の前で、シジミ研究所の中村所長から挨拶が始まる。
2013.10.27.網走
各関係者が順番に発表が続く。
その中でも隼野さんの適正漁獲量の算出方法の発表には驚いた。

2日目(26日)、会場が変わって「網走セントラルホテル」でパネルディスカッション。
2013.10.27.網走
各研究者による熱く深い発表は、これからシジミ漁を続けていくには非常に説得力のある内容で、漁業者にも分かりやすい。何とかしないといけない。

二日目の午後、漁場に連れて行っていただき実際にシジミ漁体験。
2013.10.27.網走
漁獲方法は二枚貝には非常に優しい漁。網目14mm以上のシジミがゴロゴロとしていました。貴重な天然資源を最大限価値のある商品にするための漁業者による品質管理には驚きました。資源が豊かです。漁をするのも腕!道具の研究するのも腕!品質を高めるのも腕!船に乗せていただいた漁師さんの言葉の中で貝殻に傷を付けない工夫などもされている話なども聞かせて頂きました。漁獲物にストレスを与えないように繊細な努力を感じました。

2日間のシンポジウム全てのスケジュール終了後、網走の街を駅付近から網走港周辺まで3時間ほど徘徊する。途中釣り人と会話しながら日頃ウォーキングできたえた足が頑張ってくれました。
2013.10.27.網走


3日目(27日)、網走駅前のホテルを出発し女満別空港へ!
この日は気温一ケタで風が強く網走らしい寒さを感じた。
2013.10.27.網走

フライト時間まで十分余裕があったので路線バスと徒歩で網走監獄へ。
2013.10.27.網走

ぞんぶん監獄内を見学し昼食へ。
2013.10.27.網走
監獄食堂(笑。
ここで昼食を済ませ徒歩とバスで空港へ。
空港までの道のり大型路線バスに乗っていたのは私一人でした。

2013.10.31.記
| しじみ | しじみにまつわるイベント | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.shizimi.com/trackback/1031459