マシジミ探索
 マシジミ探しに出かけた。
マシジミ探検
私が漁で何時も漁獲しているシジミはヤマトシジミ。

昔、田んぼの用水路など山間部とかでも良く見られた淡水に生息するシジミがマシジミが主。
このマシジミについての情報を数件頂いていたので、自身の目で確認する為にスコップとバケツを持参して探索に出かけた。今回で2回目。

始めは半信半疑で現場へ出かけた。現場についてみると水中にシジミの貝殻が沢山目撃できた。その時、誰か食べた貝殻を捨てていったんだろうと思っていたが、スコップを使って掘ってみると、出てくる出てくるマシジミ。ここは普段人が近寄る場所ではないし、獣の足跡もあり人の出入りはなさそうな閉鎖的な怪しい場所のような感じです。とにかく水が綺麗で、カワニナも良く見かけた。流れもそれなりにあり粗い砂質に多く生息しているようだ。石ころも多かった。

ヤマトシジミとは違い、水温が下がるこの時期でも比較的浅いところに生息しているように感じた。今、この時期にヤマトシジミを掘ろうとしても、マシジミのようにカンタンには掘れないだろう。もう、この世の中にいなくなってしまったと思い込んでいたマシジミ、比較的身近なところで獲れて、チョット驚いた探索でもあった。

次は、都会の小高い山の水路でも自治会の清掃作業で見つけられた目撃情報を参考に探索に出かけたい。

庭に池を掘って飼育したいが何を餌にすれば良いのだろうか・・・?
| しじみ | 観る・読む・学ぶ | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.shizimi.com/trackback/1031422