木曽川河口の海苔柵(その3)

  • 2015.11.21 Saturday
  • 13:14
 暖かい穏やかな日が続いている11月半ばです。

2015.11.21

その後、20日前と海苔網も大きな変化もなく、同じ伊勢湾では早くも新海苔が生産されたとお便りも頂きました。
当地域はもうしばらく先になりそうです。

2015.11.21

私は、ほぼ毎日のように海苔を食べます。ラーメンに入れたり、納豆に混ぜたり、あつあつご飯にのせたり、色々… 
香りの引き立つ新海苔が待ち遠しいです。

2015.11.21

自然の中で仕事していると、太陽の光ってホントありがたいです。

11/22記

木曽川河口の海苔柵(その2)

  • 2015.11.03 Tuesday
  • 17:58
2015.11.3 

船の上から見る朝陽は気持ちよいです。

10/25に見た海苔網には何もついていない白っぽい網でした。

今朝見たら網には黒い海苔がつき始めていました。

2015.11.3

香りの良い新海苔が待ち遠しいです。

木曽川河口の海苔柵

  • 2015.10.25 Sunday
  • 15:49
 子どもの頃、父によく連れて行ってもらった海苔漁場。寒くなると最盛期を迎えて、寒さで腹が痛くなり、手伝いどころではなかったけれど、今では良い思い出となっています。

所属漁協の現在の海苔漁場も、毎日着々と作業が進められています。
ちょっくらと見学してきました。

船の上から見る、海の朝陽も夕陽も、とても綺麗です。
2015.10.25

一本一本コツコツと竹を立て、その竹に網を張り、網に海苔が付き、その海苔を摘みとり、陸上で乾燥します。

2015.10.25

もうしばらくすると、木曽川河口の新海苔も食べられるようになります。

待ち遠しいです。

さてさて・・・

  • 2013.05.30 Thursday
  • 16:04
 規模は極めて小さいですが、垂下式で育てているアサリ、冬を挟む約半年で2〜3mmほど成長しています。犬や猫のように毎日餌などをあげて可愛がってる訳でもないですが、月に数回の観察が楽しみと言ったところです。おそらくこれからの季節の半年はグングン大きくなるのでは?っと楽しみにしています。もう少し美味しそうな色や模様に育ってくれると嬉しいのだが・・・。食卓に並べられる日が来るかな?

2013.0530

さて、これからの季節による気象変動(多量の雨や水温上昇)などを乗り越えられるのかが心配になってきました。月に数回の観察がドキドキです(笑。

飼育中の貝はどうなった?

  • 2013.04.15 Monday
  • 21:13
ホントに不思議な垂下式で飼育中のハマグリとアサリも順調に育っています。これから暑い夏を乗り越えられるかが心配です。いつになったら食べられるかな?容器の中で動き回るのか?ハマグリの殻は傷だらけになってしまう。
2013.4.15

不思議ですね・・・この容器。
容器の周りにはフジツボなど色々なものが付着して、容器本来の色などはわからない。


立派に育って食べられるようになるまであと何年かかるのかしら???おそらく砂抜き工程はほとんど必要なく料理できるのでしょうね。意外な場所で飼育できるのも不思議です。

しらうお漁続く

  • 2013.01.22 Tuesday
  • 17:25
 日々微妙な変化を見せてくれるしらうお達、最近ではずいぶん肥えてきました。昨日(21)の漁ではちょっぴりゴージャスな色合いを見せて船上にいる私たちの目を楽しませてくれています。
2013.1

相変らず網の中には小魚やイカの子供達やエビ類が混ざっています。エビ類が一番多いかな。
2013.1

少しずつ増えてきたと感じるのがアナゴの稚魚。「のれそれ」といわれ、ポン酢、ショウガなどで生で食べることが多いようです。ココではわずかな量なのでほとんど流通することは無いです。網から出てくると素晴らしく透明で綺麗です。クニャクニャと変った動きをして、水の中へ入れると姿を見失ってしまうほどの透明感です。時期は春を告げる魚で3月頃〜。
2013.1

しらうお漁まだまだ続きます。

※画像は2013.01.17〜21撮影。

しらうお漁の一日

  • 2013.01.08 Tuesday
  • 11:11
 あけましておめでとうございます。

おかげさまで無事に仕事始め(しらうお漁)の日(6日)を迎えることが出来ました。

美味しいしらうおを皆さんに食べて頂く為に、品質、鮮度にこだわった漁をしてまいりますので2013年もどうぞ宜しくお願いします。

【2013.01.07日のしらうお】
2013.1.7

【静かな朝、日の出の出漁風景】
2013.1.7

網の中にはしらうお以外にもいろんな小魚が入ってきて、とてもとても楽しい船上です(笑。右側の画像はイカの仲間でしょうか?生まれてまもないようですね。
2013.1.7

左画像はアナゴの稚魚。右画像は不明です?
2013.1.7

   サヨリとえびの仲間ですね。           何エビなんでしょうね?
2013.1.7

イカの仲間でしょうが、右画像と左画像では種類が違うようですね。
2013.1.7

寒いこの季節でも豊かな海では小さな新しい命を沢山見ることが出来ます。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

※画像は2013.01.06〜07に撮影。

まだまだ続きそうです(笑。

  • 2012.01.20 Friday
  • 11:21
 まだまだシラウオ漁は好調です(笑。

2012.1.20

二艘曳きのシラウオ画像は1/5解禁日の撮影。刺し網のシラウオ画像は今朝1/20撮影。二艘曳きは袋になった網を二艘の船で曳きまわします。刺し網はあらかじめシラウオが居そうな場所へ網を仕掛けておきます。違いが分かりますか?どちらも一長一短あり、それぞれを比較しながら食べていると、これからの季節の変化で変っていくシラウオも面白いものです。三月頃には卵を持ちプチプチ感が楽しく美味しいです。市場や魚屋、居酒屋やお寿司やで見かけたら、こんなこと考えながら食べるのも楽しいものです。ちなみに私は箸でガッポリっとつかんで、うどんを食べるみたいにズルズルと刺身で食べることがあります(笑。

シラウオ漁解禁で

  • 2012.01.05 Thursday
  • 17:48
 木曽三川のシラウオ漁が解禁になりました。

初漁ということで所属漁協のシラウオ船にお手伝いの為乗船。

初日としては穏やかな気象条件での幕開けとなった。

誰もがドキドキする一本目の網の様子もまずまずで、皆の顔が笑顔に!!
シラウオ漁解禁
操業時間は短かったものの好スタートとなって豊漁といっても良いだろう。

ここ数年落ち込んでいたが今年は上昇(笑。

船の上でも皆満面の笑み。。。

船着け場へ帰ると、気にかけていてくれた地元の方々が船の周辺に集まり賑やかとなった。

新年早々明るい船着け場で、、、やれやれ。

海苔養殖場の地割り作業で・・・(小割)

  • 2011.09.20 Tuesday
  • 19:42
 最高気温27℃  雨

報道では、台風情報が流れる中、普段となんら変わりのない穏やかな沖。先日の地割り作業で、大割。今日は小割作業で沖へ。
2011.09.20
画像の、「た」、「ら」、「わ」、「つ」、とか書いてある木札は、陸上で言えば、信号機についている地名などが書いてある看板のようなものです。それを竹に付けておくのです。

今朝は雨は降っているものの、穏やかで作業の行いやすい条件でした。ただ、私が操る船が的を定める技が未熟なもので、先輩をいらだたせてしまったのでは、っと反省点も・・・。

子供の頃の記憶では、寒く辛い思い出ばかりです。ここのところ、組合の作業を手伝うにつれて、なんだか面白くなってきたところです。例え一角でも場を借りて、全て手作業で海苔を作ってみたいなっと、感じるようになってきました。もちろん商売ではなく、楽しみとしてです。時間があればやってみます。美味しい海苔を作るためにもう少し勉強です。。。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録 (JUGEMレビュー »)
石川 拓治,NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM