時期をずらして・・・

今回の培養〜試験養殖は十分なタネ糸を作ることが出来たので、いろいろと冒険でき、学ぶことも多く、恵まれた環境となった。その中でもタネ糸が十分あるため収穫時期をずらせないかと考え、沖だしを約一か月間の間で時期をずらしながら水槽飼育のタネ糸を漁場へ沖だししてみた結果、十分ワカメとわかるものから・・・

2018.12.6.

 

ようやくメインロープに巻けるくらいのもの、まだまだ肉眼で見れないものまで色々です。

2018.12.6.

 

綺麗にまんべんなくワカメが付いているタネ糸も。

2018.12.6.

 

ムラムラになっているタネ糸とかも、水槽では同じように育ててきたつもりだが、それぞれ個性が違うようにも見えてしまいます。それも面白さの一つかも。。。

2018.12.6.

 

さてさて。。。

| しじみ | 夢見る桑名わかめプロジェクト | 12:01 | comments(0) | - | -
たくさん食べられるかも?

順調かも?

昨年と比べるとずいぶん早くワカメらしい姿を見せてくれました。

2018.11.30.ワカメ

 

大きい葉では2儷。

2018.11.30.ワカメ

 

水中では元気よさそうに見えます!

2018.11.30.ワカメ

 

年末には間引き作業にかかれるかなぁ〜?

う〜ん・・・おもろい((´∀`))

| しじみ | 夢見る桑名わかめプロジェクト | 13:18 | comments(0) | - | -
沖だし後1週間の成長

1週間前に暴走気味でしたが一部の種糸を沖だししました。本日沖に出向き、その種糸をハサミで切って持ち帰り、顕微鏡観察です。

2018/11/06.沖だし顕微鏡

10×2

 

2018/11/06.沖だし顕微鏡

10×10

 

2018/11/06.沖だし顕微鏡

10×10

水槽から出す前とはずいぶん大きくなっています。80ミクロン位まで成長。昨年の経験より学んで、今回沖の設置方法を変えたのも正解だったのかなっと感じる。

 

現在作業小屋で水槽飼育している兄弟タネ糸の画像も撮影してみました。小さい粒々です。10ミクロン位かな?陸上の環境つくりがうまくいっていない感じ、もう少し海に近い環境つくりを工夫しないと…。

2018/11/06.水槽顕微鏡

10×10

 

今後どのように変化していくのかが益々楽しみになってきました。

| しじみ | 夢見る桑名わかめプロジェクト | 15:49 | comments(0) | - | -
沖の様子

わかめ試験養殖も今回で2年目、春に遊走子を付着させて、夏の間作業小屋で飼っていた種糸の第一便を沖に出してきました。かなり暴走気味ですが、今期は十分な種糸を作りましたので余裕です。

試験〜試験・・・

2018/10/30.沖だし

 

猛暑で雨の多い夏のようでしたが、ここにきて海水の比重も水温も徐々に落着いてきました。

​​​​​​2018/10/30.ワカメ沖だし

 

さてさて。。。

昨年とは設置方法を変えて

第一便どうなる?

2018/10/30.沖だし

冒険〜冒険。。。

穏やかな天候で、久々にのんびりとした作業でして、心が豊かになった感じです。またまた楽しみが増えました〜。

| しじみ | 夢見る桑名わかめプロジェクト | 16:17 | comments(0) | - | -
目覚めの時期

今年は特別暑い夏のようでして、ワカメの赤ちゃんが心配でした。9月も半ばを迎へやや涼しくなり、鳥羽市水産研究所でタネ糸の状態を顕微鏡で確認して頂きました。

 

2018タネ糸

 

順調なことを確認したところで、光があまり届かない暗いとことから徐々に明るい光の当たるところに移動です。

さてさて、今年こそは美味しいワカメが沢山出来ますよ〜うに!

| しじみ | 夢見る桑名わかめプロジェクト | 13:38 | comments(0) | - | -